Agriculture for better future

至高の野菜が産まれる
豊かな大地

Farm/農園

千葉の秘境で
至高の野菜を育む農園

野菜作りに大切なことは「土」「火」「水」この3つの要素は、どれも欠かすことの出来ない。
広大な自然の中で育む野菜たちは、水はけや通気性、保水性、堆肥などの有機物を多く含む肥沃な土を好み、太陽の光を利用して光合成を行い、生長する為に必要となる栄養分を作り出します。
そして90%近くが水で出来ている野菜は、人体と同じように必要な養分をすみずみに運んでいるほか、栄養を作り出すための活動である、光合成の材料としても使われます。
つまり野菜作りには「環境」がとても大切なのです。それは豊かな自然環境に他なりません。栽培ノウハウや管理技術と違い、決して真似することのできない類まれな大地ゆえに、ちあきファームで採れた野菜は唯一無二の個性を保っているのです。

Slide 1
Slide 2
previous arrow
next arrow

喧騒から離れ高台に佇む秘境

4500坪の農園を持つちあきファーム。その全ての畑で野菜作りを行なっている訳ではない。厳選された良質な土壌でのみ、野菜が栽培されているのです。そこは街の喧騒から離れ、小高い丘を登った先にある楽園。緑が広がる木々に囲まれて、澄んだ空気が広がります。農園を取り巻く緑豊かな環境が至高の野菜を育んでいるのです。
至高の野菜を育むために理想的な土

広大な自然の中で育む野菜たちは、保水性と排水性という相反する性質を持った肥沃な土を好み、人が母のお腹の中で育つのと同じように、土によって生長が大きく異なってくる。 そして世界では稀な土「黒ボク土」が農園の大地を漆黒に染め、至高の野菜を育むのです。黒ボク土は、火山砕屑物(テフラ)という火山灰など、火山が噴火した時に吐き出された物質が長い年月をかけて堆積し出来た土で、黒い物質の正体は難分解性の腐植。土の中で動植物が微生物によって分解された有機物のこと。 黒い色が濃いのはこの腐植(=有機物)の含まれている量が多いということで、腐植の多い土壌は「地力が高い土」ということになる。「至高の野菜を育むために理想的な土」ちあきファームの想いは圃場に詰まっているのです。
Slide 1
Slide 2
previous arrow
next arrow
Slide 1
Slide 2
previous arrow
next arrow

野菜の生長を促進する適度な気候

四季を織りなす日本。ちあきファームの農園がある東金市でも四季折々の変化が楽しめます。気温は1℃から 32℃に変化しますが、-2℃未満または 35℃を超えることは滅多にありません。 年間を通じて湿度が高く、晴天が多いエリアでもあり、野菜の生長に良い環境としても名を知られている産地です。昨今では、野菜作りに温暖化が深刻な影響を及ぼしておりますが、海抜の高い圃場は比較的冷涼な為、大きな影響を受けずに野菜を栽培する事を可能としています。 自然に囲まれた大地で太陽の恵みを存分に受け、適度な雨と心地よい風に吹かれて、野菜たちは生長していくのです。